4ステップで PDF の目次を作成する方法:

  1. PDF Expert を無料でダウンロードします。
  2. テキストを選択します。
  3. 選択したテキストを右クリックし、「アウトライン項目を追加」を選択します。
  4. 目次に追加したい他の項目でも、同様な操作を繰り返します。

目次やアウトラインは、PDF ファイルのデジタル地図といってもいいでしょう。たくさんのページを順番に目で追っていくことなく、一瞬で重要な箇所に飛ぶことができます。長い書籍や大きな資料には、目次を編集できる PDF 編集アプリケーションが絶対不可欠です。

何百ページもある書籍や報告書を延々とスクロールなんて、誰もしたくありません。アウトラインがあれば、あるページから別の章へ飛ぶのも簡単。その章や段落に書かれている内容も一言で確認できますし、なんといってもワンクリックでそこへ移動できるのです。

Mac で PDF に目次を追加する方法

Mac で PDF の目次を作成するには、この機能をサポートする Mac 用 PDF エディタが必要です。目次の作成はもちろん、この他にもさまざまな機能を備えた Readdle の PDF Expert なら、あっという間に目次を作成することができます。

ここでは、PDF Expert を使って、 PDF に目次を追加する方法を2つご紹介します。

  1. まず、ページへのリンク先となるテキストを指定します。テキストを選択したら、それを右ボタンでクリックし、「アウトライン項目を追加」を選択します。作成したアウトラインは、アプリケーションのサイドバーに表示されます。
  2. あとは、サイドバーを開いて「アウトライン」タブを選択し、バーの下部にある「項目を追加」をクリックするだけで、指定したリンク先への目次が作成されます。

大きな書類や法的文書のための目次

PDF 書類の目次が効果を発揮する業界の1つが、法律業界です。弁護士はしばしば、さまざまな情報源から集めた資料をひとつのファイルにまとめる必要があります。こうすることで、あらゆる種類のコンテンツを一箇所で管理できるのですが、その結果、たくさんの画像などを含んだ非常に大きな PDF ファイルが作成されます。それは便利になると同時に、この情報の中からひつような項目を見つけ出すのは非常に困難になりますし、時間がかかります。

PDF ファイルに目次を追加することで、このような時間のロスを回避することができます。大きな資料をまとめるときは、PDF Expert for Mac を使用して、資料のすべての重要なセクションを含んだ目次を簡単に作成できるので、必要なときに必要な項目に即座にアクセスすることができます。

PDF の目次を活用する方法

PDF Expert の目次機能は使い勝手抜群です。項目の名前を名前を変更したり、リンク先を変更したり、項目を並べ替えたりすることができます。

PDF ドキュメントのすべての目次は、簡単なドラッグ&ドロップ操作で思い通りに操作できるので、サイドバーに表示されるドキュメントの概要をきれいに保つことは難しくありません。

例えば、別の誰かのために大きな資料を作成するときも、目次機能を使いこなせれば、より見やすい PDF ファイルを準備することができるのです。

目次機能の使い方

目次を効率よく管理する方法

世界最高峰のPDF編集アプリ「PDF Expert」を使って、普段の面倒くさいルーチンワークにさようならを言いましょう。この機会に、ぜひ7日間無料の体験版をダウンロードしてお試しください。皆様のご意見お待ちしています。