たった4段階、Mac でパッと PDF フォームへの入力をする方法:

  1. PDF Expert を無料ダウンロード
  2. PDF フォームを開く
  3. テキストフィールドまたはチェックボックスをクリックして入力開始
  4. 非インタラクティブフォームであれば、「テキストの追加」や「スタンプ」機能を使用

誰でも、契約書、応募申請書、請求書、納税書類、広告掲載申し込み書類、履歴書などの記入用紙を扱うことがあるはずです。

何もかもデジタルになった時代なのに、こういった書類に手で書き込んでいくのは効率が悪い。Mac で PDF フォームに入力できれば、とお考えの方。ご安心ください。世の中にはそれなりにデジタルでフォーム入力できるツールが出回っています。ただし、使いにくくて操作が面倒なものが多いかもしれません。

そこで、PDF Expert ではフォーム入力をスマートに、スムーズに行えるようにしました。是非無料トライアル版をダウンロードして、試してみてください。

問題は、21世紀であるにもかかわらず、こういった用紙を手書きで処理していくのに慣れきった人がたくさんいるということです。オフィスワーカーは注文書や合意書などに毎日何十分もの時間と何百枚もの紙を無駄にしています。小さめの部署でも、決算の時期にアマゾンの森林の一部を破壊しています。理由は単純。PDF をほとんど活用できておらず、Mac で PDF フォームに入力する方法を知らないから。

そこで、デジタル化に踏み切ろうと決意した人に朗報です。テクノロジーを利用すれば、いくつもの解決策が見つかるのです。

まず、PDF フォームには大きく分けて二種類あることを知っておく必要があります:

Mac で PDF Expert を使って PDF フォームに入力する方法

PDF Expert をダウンロードし、PDF フォームを含むファイルを開きます。入力対象となるフィールドをクリックして、情報を打ち込むだけ。簡単でしょう?

どんなフォーム要素も思った通りに動作します。入力した情報は確実にファイルに保存され、閉じたときに失われることはありません。Javascript を使った複雑なインタラクティブフォームも大丈夫。フィールドをクリックしてキーボードで入力するだけです。

現在対応しているフォーム形式は以下の通りです:

また、対応しているフォームフィールドのデータ形式は以下の通りです。

PDF Expert なら入力可能なインタラクティブフォームにどんどん入力していけます。非インタラクティブフォームがある場合でも、心配はいりません。「テキストの追加」機能を利用して、必要な情報を入力していけばいいのです。

チェックボックスがあったら、「x」をテキストとして追加するか、当方で用意したスタンプを活用してください。

Mac で入力可能な PDF フォームを作成したいとお考えの方、PDF Expert ではそのような機能を追加すべく開発を進めていますので、しばらくお待ちください。

通常、フォームの入力が終わったらファイルを誰かに送ることになります。フォームに入力した内容を保護し、外部から書き換えられるのを防ぐには、「フラット化したファイル」をメールに添付します。特にセキュリティを気にする必要がないときは、ファイルをそのまま添付できます。

あるユーザーからこんなお便りをいただきました。

PDF Expert を試してみたかったので、就活をしている息子のエントリーシートを 50 社分手伝ってみた。それぞれ 20 ページくらいあったから、このアプリで助かった。」

PDF Expert は毎日1万人以上の方の PDF 生活を楽にしているのです。

是非今すぐ無料トライアル版をダウンロード、またはフルライセンスをご購入ください!