MacでPDFにサインを記入するための6つのステップ

  1. まず、無料でダウンロードできるPDF Expertをインストールし、ファイルを開きます。
  2. サインを入れたい場所を右クリックします。
  3. メニューから「署名」を選択します。
  4. 「自分の署名」を選択して、登録済みのサインを挿入します。
  5. 未登録のサインを記入するには、「顧客の署名」を選択してキーボードまたはトラックパッドでサインを記入するか画像ファイルを選択します。
  6. PDFファイルのサイン記入箇所にドラッグ&ドロップします。PDF Expertでは、一度作成した署名が自動的に保存されるため、次回は3回タップでPDFに電子署名を記入できるようになります。

通常のサインを記入するときは、契約書などのサインが必要な書類をメールで受け取っても、それを印刷してペンでサインを入れ、スキャナーで取り込んでメールを返信する必要がありました。これでは、時間も紙もインクも無駄になります。

DocuSignやEcoSignなどの電子署名ツールが急速に普及してきたのは必然といえるでしょう。これらのサービスは便利ですが、いろいろなところから届く契約書にサインを入れるのをはじめ、広い用途に利用するには少々難があります。

PDFファイルにサインするにはどうしたらいいものか、と多くのMacユーザーから相談を受けることがあります。PDF ExpertはMac で使いやすい電子署名ツールを搭載しています。サインをする前にいくつかコメントを入れたり、修正依頼をしたいという場合も、PDF Expertをダウンロードすれば、MacだけでそのようなPDF編集をすべてこなすことができます。

MacでPDFにサインを入れる方法には、3つのオプションがあります。

PDF Expert以外でサインしてみようとした例:

iOSの連携:PDF ExpertはMacとiOSのアプリ間でデータを同期します。例えば iPadとApple Pencilで綺麗に書いたサインを登録すれば、Macでそれを貼り付けることができます。

電子署名フィールドの自動認識:PDF ExpertはPDF ファイルに埋め込まれた特殊な署名フィールドを自動的に見つけてくれるので、挿入したサインの画像を欄に合うように拡大・縮小する手間が省けます。

というわけで、実際にサインしてみましょう!

  1. WebサイトからPDF Expertの無料トライアル版をダウンロードするか、購入します。
  2. サインを入れたいファイルを開きます。(請求書のテンプレート
  3. サインを入れたい場所を右クリックします。
  4. メニューから「署名」を選択します。
  5. 「自分の署名」を選択して登録済みのサインを挿入するか、新しくサインを作成します。

最初に右クリックした場所にサインが挿入されて、必要に応じて移動・拡大・縮小することができます。

便利な電子署名ツールに加えて豊富なPDF編集機能と綺麗なデザインを備えたPDF Expert は、PDFに関するあらゆるニーズに応えることができます。Macを使って、PDFにサインをすることにお困りの方はぜひお試しください。

PDF Expertは、こちらで無料でダウンロードすることができます。